注文住宅を依頼するなら評判の高い住友林業に相談しよう!

家

歴史のある高級住宅街

一軒家

価格や資産価値

鎌倉は、神奈川屈指の高級住宅街として知られています。海や山などの自然に囲まれている上に、かつては幕府があったことから、地域内はしっかりと区画整理されています。商売もさかんで公共施設も多く、さらには都心部へつながる路線もあります。こういった点から住みよい地域ということで注目され、多くの人が鎌倉での生活を希望し、一戸建てを建築しました。そのため地価が高騰し、現在では高級住宅街として、さらに多くの人々を魅了するようになったのです。しかし世代交代により、昨今では鎌倉で中古一戸建てが多く販売されるようになっています。中古一戸建ては、新築一戸建てと比較すると価格が安いため、高級住宅街の鎌倉でも、比較的購入しやすいと言えます。具体的には、鎌倉の新築一戸建ての相場は5千万円ほどなのですが、中古一戸建ては3千万円ほどで購入可能となっているのです。中には、2千万円以下で売りに出されている中古一戸建てもあります。また、鎌倉の中古一戸建ての多くが、古風な町並みに合うデザインとなっているため、和のテイストを好む人からも注目されています。さらに中古一戸建てには、新築一戸建てと比較すると価値が下がりにくいというメリットもあります。もともと評価額が低めとなっているので、急激に下がることはなく、その分価値の安定した資産としての所有が可能となっているのです。暮らしやすさから人気のある鎌倉では、今後さらに地価が高くなる可能性があり、そこに着目して中古一戸建てを購入する人もいます。